読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EM菌との出会い

人生に無駄はないって思う事のひとつに

このEM菌との出会いです。

この後、畑をしたり生活の洗濯や洗い物にこのEM菌を使うことで

この時よりも環境にも優しい生活ができるようになっています。

 

現在はEMの洗剤や石鹸でほとんどの洗い物を済ませてます。

油よごれもすんなり落ちる優れものです。

 

以下、6年前の記

EM菌と言ってもなんの事やら
の方が多いでしょう。

 

 

 

 

 

EM菌とは有用微生物群(Effective Microorganisms)の訳。


EMに含まれる微生物は主に乳酸菌、酵母そして中心的存在である光合成細菌です。
この菌がチェルノブイリ汚染地域で放射能の数値を下げた。と言われている事から注目されだしたのです。

 

 

 

 

 

 

そんな事、普通に考えてあり得ない。
私は人工的な放射性物質が微生物によりどうにかなる。なんて話は聞く気も調べる気も起こりませんでした。

 

もともと、有機栽培などに使われている事が多いこのEM菌です。石鹸や消臭効果がある事くらいは聞いた事がある程度でした。

 

 

 

 

 

2012年1月半ば山形県で行われた全国EMサミットという大会に参加するまでは…(^-^)

 

 

 

 

 

 

この大会に看護師の友達Rに誘われて、私の目的としては、この大会で講演をするチェルノブイリのかけはしの野呂みかさんにお会いし、お話を聞く事が目的で参加しました。

 

 

 

 

 

 

2日間のこの大会。1日目は有機農業のお話がメイン。
でも、これもなるほどと感心するものばかり。

 

 

 

 

 

私の町のように津波で被害を受けた田畑は海水に浸ってしまった事で塩害とよばれる作物が育ちにくくなると聞いています。2~3年は作物を作れないとか。


ところが、同じ津波被害に遭った仙台市宮城野区蒲生にある鈴木有機農園さんではこのEMを使い見事にお米や野菜を作り出荷したお話を聞きました。

 

 

 

 

 

 

その他、気仙沼での漁港の魚の腐敗臭と衛生環境改善の為にEMを大規模に散布し、ボランティアで全国からEMを提供した事など


んー。私としてはかなり興味深いお話ばかりでした。

 

 

 

 

 

ちなみに鈴木有機農園さんでは採れたお米を玄米でキチンと機関へ出し、検出限界値1bq/kgで不検出とおっしゃって結果のデータも見せていただきました。


素晴らしい。EM活性液を無料で配布していたり、すごく熱い志の方です。
ブログです。
http://suzuki-yuukinouen.blog.ocn.ne.jp/

 

 

 

 

 

 

また、この会ではEMを使っているから必ず0ベクレルではありません。ともお話をされていました。山形のあるEMを使用しているキノコ農家からはセシウムが検出されたそうです。


ですから、皆さん怖がらずに検査をしましょう。それがこれからの農家の果たすべきものであると思います。と呼びかけておられました。

 

 

 

 

 

この姿勢。国にも宮城県知事にも見習って欲しいです。

 

 

 

 

 

 

2日目、主に内部被爆とEMの効果について。

 

EM研究機構の方と野呂みかさんのディスカッション。


野呂さんは実際の活動の中で、チェルノブイリ事故汚染地域の子供達を日本で保養させ内部被爆の体外排出効果と食べ物についてお話されました。

 

 

 

 

 

 

世界各国に保養したチェルノブイリの汚染地域の子供達のデータ。
日本が排出率81%とかなり高い。
そして汚染地域でEMを散布し線量が下がった事。これは事実。

 

 

 

 

 

 

何でそうなるか。科学的根拠はまだ研究途中。
ただ、EM研究機構の方は仮説はいくつかあるそうです。

 

 

 

 

 

まず、体外排出効果について


放射線は,細胞を傷つけます。放射線がDNAや細胞膜などの生体分子を直接傷つける場合と,放射線が水分子を分解し,その結果生じた活性酸素が生体分子を傷つける場合があり、通常、後者の影響が大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

活性酸素くんは2重にも3重にも細胞を傷つけるそうです。。なんて厄介。
この活性酸素酵素が抑えてくれる効果がある。
EM菌は酵母や乳酸菌の集合体です、発酵食品が被爆した身体の免疫をアップさせる事は知られていますから免疫力がアップし代謝もアップする…納得です。

 

 

 

 

 

 

そして線量を下げる効果について


あくまで仮説です。
今までは微生物が放射線を遮蔽するのでは?と言われていたようですが今はEM菌に含まれる光合成細菌くん。この中のどれかの菌種が電気を帯びるのではと研究されているようです。


最近、世界で発表された論文の中に光合成細菌のある種の菌が電気を帯びるというものがあったそうです。

 

 

 

 

 

放射線は原子によるもの。この原子に電気を帯びる細菌くんが働いて原子を別の物質に変化させるのではないか。とのこと。


私はテレビでですが、人間の寿命に大きく関係すると最近の医学で注目されているミトコンドリアの事も思い出しました。これももともと微生物でありまだまだ研究段階。ようするに微生物はまだまだ解明されてないものが多い。

 

 

 

 

 

 

最後に野呂さんが
EMの科学的根拠の解明には何十年とかかります。でもここに来ているママさん達は今、生きている子供達を守りたい一心で来ているんです。
信じる信じない、結果は後からわかる事で、効果があるかもしれない何かを今の子供達にする為に話しを聞きにきてるんですよね。やってみる価値は私はあると思いますよ。と言っていました。

 

 

 

 

 

 

EM菌は有用な微生物群の総称です。味噌やビールやヨーグルトに含まれているものばかり。米のとぎ汁発酵液にEMをプラスしてパワーアップもできるんんです。
私としては、発酵食品を採るよう心がけていましたし、ジュースにして飲むと子供でも飲める美味しさだったし、早速、EMのファンになりました(笑)

 

 

 

 

 

最後に野呂さんと個人的にお話ができました。
やはり被災地でも声をあげなさい。小さくてもいい、そしてその声を国ではなく世界にも発信してくださいと。
残念ながら国は何もする気はありません。国に訴える事と平行に世界に訴えて。
世界は助けようとしてくれている方々がたくさんいます。でも日本のメディアも放送しないし、ママさん達の声が届いていない。

 

 

 

 

 

 

そうですよね。原発稼働反対のデモや首相官邸をデモ隊が取り囲んでも報道しない。福島のママさん達の経産省前での抗議なども放映しない。だから中高年の方達も放射能の恐ろしさを知らない。

 

 

 

 

 

 

看護師のRは言っています。震災後、早産や流産の危険がある妊婦さんが多くて休憩も取れない忙しさだと。震災前では考えられないと。

 

 

 

 

 

 

話しがそれてしまいましたが(^-^;)
EMいいですよ~
付け加えると、EM有機栽培など栄養が豊富な土からの植物への放射能移行率も低くなるようです。
EMくん頑張れ~

 

 

 

 

 

 

最後に。
この大会には福島のママさんが本当に多かった。そして私の子供と遊んでくれていたミウちゃん。この家族は岩手県の前沢から参加。空間線量で0.3マイクロあるそうです。この方も看護師さん。子供達の通学路などの線量を測りマップにしたりと、かなり活動していました。また会えたらいいな。。ミウちゃんありがとう(^-^)

 

 


AD